アフィリエイトの税金

確定申告の義務

アフィリエイトで得た収入は、当然税金が課せられます。

でも、サラリーマンの場合、年間20万円以下なら申告しなくても大丈夫です。
実質非課税になります。

アフィリエイトが本業の場合は、年間38万円を超えると確定申告が必要になります。

収入から経費を引いた後の所得が対象になりますが、月2〜3万円程度でも、超えてしまうんです。

本気でアフィリエイトをしたら、簡単に超えてしまう金額です。

青色申告とは

上限を超えても、税金を少なくする方法があります。

「青色申告」です。

青色申告控除が65万円あるので、アフィリエイトの場合、103万円までなら税金がかかりません。

実際は【収入−経費−所得控除−65万円=課税所得】になります。

経費もかかるし、所得控除も基礎控除の38万円以外にもあるでしょうから、103万円以上の収入があっても、税金を払わなくて済むはずです。

サラリーマンの場合は、【収入−経費−65万円=(アフィリエイトの)課税所得】になって、給与所得と合算して税金の計算をします。

アフィリエイトで損失が出たら、税金が戻ってくることもあります。

必要経費

アフィリエイトは、ほとんどお金をかけずにできますが、例えば、

  • マニュアルや書籍代
  • サーバー、ドメイン代
  • パソコン、プリンタ、インク、用紙代
  • プロバイダ料金、携帯料金
  • 電気料
  • 交際費

などを経費にすることができますから、アフィリエイト収入が少なければ、赤字になることもあります。

その場合は、既に給与から源泉徴収されている税金の一部が戻ってきます。

開業届・青色申告

アフィリエイトを始めても、手続きは不要ですが、青色申告をするためには、税務署に「個人事業の開業届出書」と「所得税の青色申告承認申請書」を提出しなければなりません。

用紙は、国税庁のホームページにあるので、ダウンロードして記入し、税務署に提出すればOKです。郵送でも大丈夫です。

もし不安なら、税務署に行って相談しながら手続きすることもできます。

個人事業の開業届出書を出すことで、個人事業主になるということです。
本気でアフィリエイトを仕事としてやっているという感じがしますね。

個人事業の開業届出書は、サラリーマンでも提出できるので、収入が増えたら届出をして青色申告にした方がお得です。

ただ、会社で副業を禁止している場合は、バレることを覚悟しておいた方がいいです。

市町村によって違いますが、個人の課税所得が会社用の書類にも記入されていると、給与以外の所得があることが分かります。

最近は、副業禁止の会社も減っているみたいですし、別の会社でアルバイトしているわけじゃなく、本業に支障が出るわけでもなければ、あまり問題にならないかもしれませんが…

手続き期限

去年の分の確定申告をする場合、申告時期に手続きしても青色申告にすることはできません。

去年は白色申告で、今年の分から青色にしたい場合は、3月15日までに提出すればOKです。

まだ、あまり稼いでいなくて、去年分の申告が必要ないなら、毎月継続して収入があるようになってから考えてもいいことです。

アフィリエイトの収入は、ある日から爆発的に増えることもあるので、ちょっと頭の片隅にでも、留めておいてください。


大雑把な説明でしたし、専門家ではないので、細かい部分はご自分で確認してくださいね。<(_ _)>

税金の心配をしなければならなくなったら、やっぱり税理士さんに相談した方が安心です。

関連ページ

ASP申請用サイトの作成
アフィリエイトを始めるために、ASP申請用サイトを作成する方法を解説します。
ASP登録
アフィリエイトをするためにASPに登録します。
ショートカットで時間短縮
アフィリエイトの作業効率を上げるために、ショートカットを使いましょう。
独自ドメインサイトの作成
アフィリエイトで稼ぎ続けるには、独自ドメインでサイトを作った方がいいです。

メルマガ配信中!

おすすめ