HTML5

HTML5でスマホサイト作成が主流に

これからスマホサイトを作る場合は、HTML5CSS3で作成するのが一般的になります。

HTML5では、今までとずいぶん書き方が変わりました。
HTML5の冒頭のタグの書き方について説明します。

DOCTYPE宣言文

<!DOCTYPE html>

DOCTYPE宣言文はとてもシンプルになりました。
html5 と書く必要はありません。

言語コードの指定

<html lang="ja">

言語コードの指定は日本語なら"ja"と指定します。

文字コードの宣言

<meta charset="utf-8">

文字コードは utf-8 が推奨です。
作成するHTMLファイルを utf-8で保存しないと文字化けしますので、注意してください。

スタイルシートの指定

<link rel="stylesheet" href="style.css">

style.css の部分は作成したスタイルシートのファイル名を入れます。
type="text/javascript" は省略できます。

スマホサイトの場合

以上をまとめると、次のように書けばよいことになります。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<meta charset="utf-8">
<link rel="stylesheet" href="style.css">

スマホサイトを作る場合などに、コピーして使ってください。

関連ページ

HTMLタグの書き方の基本
アフィリエイトサイト作成に必要なHTMLタグの基本的な書き方について解説します。逆引きのHTML辞典として使えるようにまとめていきます。
改行する
アフィリエイトサイト作成で改行する場合は、<br>を使います。
線を引く
アフィリエイトサイト作成で仕切り線を引く場合は、<hr>を使います。
文字を太字にする
文字を強調する意味で太字にする場合は<strong>を使います。
文字の大きさを変える
文字の大きさは<font size>タグを使い、1〜7の数字で指定できます。
文字の色を変える
文字の色を変えるには、<font color>タグを使います。

メルマガ配信中!

おすすめ